低用量ピルは私には欠かせないもの

 

マーベロン

 

マーベロン 価格

 

低用量ピルとは正式には『低用量経口避妊薬』、略して『OC』というものです。日本において低用量ピルは、1999年に認可を受けています。その名のとおり、本来のはたらきとしては避妊の効果があるものです。

 

それだけでなく、月経困難症や月経前症候群の症状がひどいときには、そのつらさをやわらげるものとなっています。さらには、子宮内膜症の治療をするうえでも効果的なものであるとされています。

 

そのほかに、長い期間にわたって服用を続けていることによっては卵巣がん、子宮体がんといった、がんが発症するリスクが低減されるということも研究によって明らかになっています。

 

私にとっては低用量ピルはかかせません。きちんと避妊対策をするために効果的な方法だからです。はじめて低用量ピルを使用した時は病院で処方してもらいました。

 

私はどちらかというと几帳面な性格と友人から言われています。自分で感じるのは几帳面というより、他人の何気ないひと言が気になってしまうということ。その場では笑顔で気にしないそぶりを見せているのですが、ひとりになると気になってなんだかストレスがたまってしまいます。

 

そんなストレスが影響があるのかもしれませんが、生理不順になることも度々あります。そんな時はもしかして妊娠したかもと妊娠検査薬を使ってしまいます。今までは全て生理不順でした。

 

このようなことを気にしてしまうのも几帳面な性格が原因かもしれません。低用量ピルを使い始めたのはこのようなストレスを軽減するためでした。なるべく気になることを少なくするのが私にとってのストレスの解消法なのです。

 

低用量ピルを使用してからは「もしかして妊娠かも」と心配する必要がなくなりました。それどころか生理不順がなくなってきたのです。さらに生理の時のつらさも少なくなりました。

 

低用量ピルが症状を和らげてくれたのだと考えていますが、ストレスがなくなったのも私にとってはいい影響だったのかもしれません。ストレスっていろいろ心身に悪影響を及ぼすようですから。

 

このようなこともあって、今では低用量ピルが欠かせないものとなっています。

 

忙しいときに便利な低用量ピルの個人輸入代行ショップ

 

トリキュラー

 

トリキュラー 価格

 

低用量ピルの効果がわかってくると私にとってはかかせないものになったのですが、ここでひとつ問題がありました。仕事や家事などで忙しいときに低用量ピルを処方してもらうためだけで産婦人科を受診するのが大変なときがあるからです。

 

体調が悪いときなどは頼りになる病院ですが、いつもの通り低用量ピルを飲むだけなら、わざわざ受診することもないなんて考えるようになりました。こんなときに知ったのが低用量ピルを個人輸入代行で購入できるということでした。

 

私が服用している低用量ピルはトリキュラーなのですが、個人輸入代行ショップでは価格も病院より安かったのです。それで個人輸入代行ショップで低用量ピルを購入することにしました。

 

個人輸入代行ショップはネットの通販ショップと同じでネット上の所定のフォームに記入するだけです。届くのには10日前後かかりますが、注文すれば自宅に届けてくれるので便利です。また、送料も無料で、まとめ買いもできるので便利です。

 

価格が安く便利で薬代も時間も節約できます。それで、今では個人輸入代行ショップのリピーターになっています。

 

送り状

 

それでも、はじめて低用量ピルを購入するときは不安でした。「きちんと届かなかったらどうしよう」「どんなふうに梱包されてくるのかなぁ」「中身が分かったら嫌だなぁ」色々考えて、不安な気持ちもありました。でも、一度届くと要領を得たものでその不安もなくなりました。

 

今では低用量ピルだけでなく、他の医薬品も時々購入しています。シミ取りに使うハイドロキノンのクリームや水虫用のラミシールクリームなども薬局で購入するより安く助かっています。水虫のラミシールクリームは薬局で買うのはちょっと気が引けますから。

 

そして、なんといっても個人輸入代行ショップでは価格が安く薬代が節約できるところが気に入っています。